決して忘れてはならないこと

主は国々の間をさばき、多くの国々の民に、判決を下す。彼らはその剣を鋤に、その槍をかまに打ち直し、国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを習わない。旧約聖書 イザヤ2:4

日本が先の大戦を経験して学んだことで最大のことは何だったのだろうか。よく目を覚まして考えてみたいと思います。
戦後70年たって日本の国民が忘れてしまって取り返しのつかないことにならないようにと願っています。

敗戦を日本は経験しました。広島と長崎には原子爆弾が落とされ二つの市は壊滅的な廃墟となり、生き残った方々もそれこそ生き地獄を味わいました。
また、首都東京も焼夷弾で焼け野原となり、ほかの地方都市も空襲を受け日本国中が焦土となりました。

特に沖縄県は地上戦を経験して悲惨な国民を巻き込んだ戦いとなりました。さらに、アメリカの統治を日本が独立してからも続けて受けて、その土地は撤収されて基地となって日本に帰属した今も多くの基地が存在します。

日本が敗戦で大きな被害にあっただけではもちろんありません。特に、中国、韓国の国は日本の支配を大きく受け、韓国は日本の植民地となり大変な屈辱を味わいました。また中国は満州国という日本の傀儡国を作られて、日本の資源のために利用されました。

これら以外の国にも多くの被害、損害を与えたことは事実です。

これらの国の方々が日本を恨んだとしても不思議ではありません。

よく言われることがあります。加害者は忘れることがあっても、被害者は決して忘れないと。

それはそうでしょう。ひとつ殴られたら、十倍に返えしたいこれが人間の性とでもいえると思います。

それなのに今、日本がしたこれらのことを許していただいていることはなんと感謝なことでしょうか。

それで日本は、決意したのです。

戦争は二度と決してしないと。

武器を持つと使う。戦力を持つと利用しなければと、これも、人間の性です。

それで日本は憲法9条を明記した憲法をあの敗戦で受け入れて、日本の繁栄がもたらされたと私は考えています。

私も、先の大戦で父を亡くしました。私の母は実家に帰って私を育てました。

戦争になると、人間は人間でなくなります。まさに狂気の人間がそこには居るだけです。

この地にキリストの平和が支配しますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA