決して忘れてはならないこと

主は国々の間をさばき、多くの国々の民に、判決を下す。彼らはその剣を鋤に、その槍をかまに打ち直し、国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを習わない。旧約聖書 イザヤ2:4

日本が先の大戦を経験して学んだことで最大のことは何だったのだろうか。よく目を覚まして考えてみたいと思います。
戦後70年たって日本の国民が忘れてしまって取り返しのつかないことにならないようにと願っています。

敗戦を日本は経験しました。広島と長崎には原子爆弾が落とされ二つの市は壊滅的な廃墟となり、生き残った方々もそれこそ生き地獄を味わいました。
また、首都東京も焼夷弾で焼け野原となり、ほかの地方都市も空襲を受け日本国中が焦土となりました。

特に沖縄県は地上戦を経験して悲惨な国民を巻き込んだ戦いとなりました。さらに、アメリカの統治を日本が独立してからも続けて受けて、その土地は撤収されて基地となって日本に帰属した今も多くの基地が存在します。

日本が敗戦で大きな被害にあっただけではもちろんありません。特に、中国、韓国の国は日本の支配を大きく受け、韓国は日本の植民地となり大変な屈辱を味わいました。また中国は満州国という日本の傀儡国を作られて、日本の資源のために利用されました。

これら以外の国にも多くの被害、損害を与えたことは事実です。

これらの国の方々が日本を恨んだとしても不思議ではありません。

よく言われることがあります。加害者は忘れることがあっても、被害者は決して忘れないと。

それはそうでしょう。ひとつ殴られたら、十倍に返えしたいこれが人間の性とでもいえると思います。

それなのに今、日本がしたこれらのことを許していただいていることはなんと感謝なことでしょうか。

それで日本は、決意したのです。

戦争は二度と決してしないと。

武器を持つと使う。戦力を持つと利用しなければと、これも、人間の性です。

それで日本は憲法9条を明記した憲法をあの敗戦で受け入れて、日本の繁栄がもたらされたと私は考えています。

私も、先の大戦で父を亡くしました。私の母は実家に帰って私を育てました。

戦争になると、人間は人間でなくなります。まさに狂気の人間がそこには居るだけです。

この地にキリストの平和が支配しますように。

酒に酔ってはならない

酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。 新約聖書 エペソ 5:18

いま日本はいかに酒に酔って起こす事件が多いことかと思わされています。酔って車を運転して事故を起こし、しかもそのことがバレないようにと逃げてしまう。

最近では見知らぬ婦人の腕を掴んで酔った大学生が発車直前の線路に飛び込んで重傷を負わせる。また、酔った勢いで包丁で生活音に悩まされていた夫婦を刺して殺し、止めに入った大家さんを同じように刺して殺した。といったことが報道されています。

酒は正しく飲むならば百薬の長といわれるほどの良いものですが、飲み過ぎると理性を麻痺させ、人の罪の姿をあからさまに現し、自分にも、他の人にも取り返しのつかないほどの出来事となってしまいます。

そのことを私は体験しました。それで私は酒を飲むことを主イエス・キリストの助けですっぱりとやめることになりました。

酒は飲むことを制御できる人は飲んでもいいと思いますが、制御できない方はすっぱりとやめることがではないかと思います。

2009-06-01

経済難民

今年は経済事情がますます深刻化して来るのではないかと案じています。

難民ということばがありますが、今までは、国どうし、民族どうしの争いと、政治的な迫害が元での難民が主な難民の生ずる原因でした。

しかし、今や経済のグローバル化によって大国アメリカの経済がサブプライム問題が発端になって、アメリカの金融悪化をまねき世界中にその影響が及んでいます。

日本もその例外ではなく、期間労働者、派遣労働者が、真っ先に雇用を解雇され更に今度は本採用されている社員までも解雇が行われるのではないかとも言われています。更に中小企業の倒産も増えて来ると思います。

まさに経済難民とも言える多くの人々が、現実に職を失い、住む所さえなくなっているのをまのあたりにしています。

経済大国日本のあらゆる資源を活用してこれらの方々の手当をすべき時ではないかと思います。

大災害が起こった時と同じように今や、経済の大災害が起こっているのですから、緊急に、また継続的にこれらのことに速やかな対応が求められます。

貧しい者に施す者は不足することがない。しかし目をそむける者は多くののろいを受ける。箴言 28:27

2009-01-04

高齢化社会の只中で

ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。 新約聖書 2コリント 4:16

年をとってくると体のおとろえを感じるものです。今まで平気でやっていたことができなくなったり、疲れが回復しなくなったりします。それが確実に進んでいることを考えるとこれからのことが不安になります。

このような高齢者が多くなると社会もまた不安になるのかも知れません。それでは私たちはいったいどうしたら良いのでしょうか。

真に頼りになる存在がいること、私たち自身が日々を新鮮に生きること、このように生きられたら本当に嬉しいと思います。そのことを可能にしてくださる方、主イエス・キリストを今信じられるようになったことをつくづく感謝しています。

2008-11-10