見ずに信じる者の幸い

イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」新約聖書 ヨハネ 20:29

イエスが十字架にかけられて復活された時のことです。

十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたときに、彼らといっしょにいなかった。

それで、ほかの弟子たちが彼に「私たちは主を見た」と言った。しかし、トマスは彼らに「私はその手に釘の跡を見、わたしの指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません」と言った。

八日後に、弟子たちはまた室内におり、トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安があなたがたにあるように」と言われた。

それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」

トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」

イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」 新約聖書 ヨハネ 20:24-29

復活された主イエス・キリストは弟子たちに繰り返しご自身を現されました。それは、主が十字架にかかられる前に弟子たちに、十字架にかかって復活されることを話されていたのに、弟子たちはそれを信じることができなかったからでした。

信仰の薄い弟子たちを主が思いやってのことだったのでしょう。

その中でも特に疑い深いトマスにこのようにされたのは、信仰の薄い者であっても主の復活を信じることができるまで主は顧みてくださる優しい方だからでしょう。

しかし、神は私たちの信仰を善しとしてくださいます。

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。 新約聖書 ヘブル 11:6

信仰によって、アブラハムは、試みられたときイサクをささげました。彼は約束を与えられていましたが、自分のただひとりの子をささげたのです。

神はアブラハムに対して、「イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる」と言われたのですが、

彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。これは型です。 新約聖書 ヘブル 11:17-19

蘇られた主は、このトマスにこのとき言われたことを私たちにも言われているのではないでしょうか。

主イエス・キリストをさらに深く知りたいと願わされます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です