光はやみの中に輝いている

光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。  新約聖書 ヨハネ 1:5

いろいろな出来事があります。

特に私の心に暗くのしかかりまたどうしようもなく思っている出来事の一つに、イラク、シリアの内戦で多くの難民の方々が行き場を失っておられることがあります。

空爆を I S の掃討作戦として行えば多くの民間人、子供たち、が巻き添えになります。

各国は自分たちの思惑でそれぞれしていて、一致がなく解決に望みがありません。

誰が、この出来事を解決することができるのかと思ってしまいます。

本当に、これらの困難に直面されておられる方々を助けてくださいと祈ります。

国内においては、東日本大震災、原発事故、広島の土砂災害、栃木県や、茨城県の鬼怒川流域の豪雨によって土砂災害や、堤防決壊で多くの方々が被災されました。
更に、熊本の二度に渡る直下型の大地震が起きました。
国際的にも国内的にも多くの暗い出来事が多発しており、残虐なことも起こっています。

本当にやみがこの世を覆っていると言わざるを得ません。

光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。 新約聖書 ヨハネ 1:5

みことばに望みを置いて主を仰ぎつつ歩んでまいりたいと思います。

折れない心 

彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない。 旧約聖書 イザヤ42:3
決して折れることのない心は誰が与えてくれるのでしょうか。私たちの罪のために十字架で死んで、蘇られた主イエス・キリストがその方ではないでしょうか。

神が与えてくださる平安

何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝を持ってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。  新約聖書 ピリピ 4:6-7

私たちの神様は本当にやさしいかただと思います。

私たちは実は本当に思い煩う者であることを実感しているのではないでしょうか。

こう言っている私自身も実に思い煩い、悩み、分けがわからなくて悶々としています。

だから、何も思い煩わなくても良いようにしてくださっているのだと思います。

今、私が思い煩っているその一端を告白すれば、日本と中国、日本と韓国、日本と北朝鮮との関係がどうなってしまうのかと思うと本当に不安になります。

また、日本の国が、秘密国家になり、戦前のような軍国主義の国になってしまうのではないかとまた不安になります。

せっかく戦争はしないと決心したにもかかわらず、また戦争に邁進してしまうのではないかと不安になります。

私の父は太平洋戦争で駆逐艦に乗っていて戦死しました。

私の母はひとりの子供を抱えて未亡人となってしまいました。

戦争が起これば、いかに甚大な被害が戦勝国にも、敗戦国にも起こることはみんなが知っています。

それでも戦争は起こります。内戦は起こります。避難民はその日にも困窮し、女性、子供たち弱い者たちが犠牲となります。

そればかりではありません。自然災害、人災といわれる原発事故、地球温暖化による、台風、竜巻、大雨、が極端に大きな災害をもたらします。

これらは、人間活動の結果がもたらした一面があると思います。

このほか、地震、津波など私たちの想像を超える出来事が起こることが予想されています。

これで思い煩わないほうが不思議と言わざるを得ません。

私たちは、小さい者であってもできる事があるかもしれません。しかし、私たちがどんなにがんばってもできない事があります。

それではどうしたら良いのでしょうか。

あらゆる場合に、感謝を持ってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

このように神はわたしに願えとおっしゃられます。

天地を創造され、支配しておられる絶対他者でいらっしゃる主イエス・キリストの父なる神に訴え、知っていただくなら、

そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれますと神が言われます。

絶えずこのみことばを思い起こしながら歩み続けたいと思います。

神が与えてくださる平安がすべての人の上にありますように。

 喜べ、祈れ、感謝せよ

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことについて感謝しなさい。これがキリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。 新約聖書 1テサロニケ 5:16-18

いつも喜んでいるなんて無理だよ。またすべてのことについて、感謝することなんて更に無理、このように思ってしまいます。

それでは、愛なる父なる神様は実現しないことをただおっしゃっておられるのでしょうか。

そうではありませんね。

雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種まく者には種を与え、食べる者にはパンを与える。

そのようにわたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。 旧約聖書 イザヤ55:10,11

このように、神御自身の望んでおられることは必ず成功する、神が成功させるとおっしゃっておられます。

それには、何がポイントとなるのでしょうか。

それは、キリスト・イエスにあってということと、祈るということではないでしょうか。

愛なる父なる神さまに喜んでいただくには、主イエス・キリストを信じなければなりません。

そして、主イエス・キリストを信じた結果、神の子どもとされ、神様に何でも申し上げる関係が築き上げられて、神さまに愛されている子どもとして無条件で"はい"と言っていけるようになるのではないでしょうか。

神さまに愛されている子どもとして祈る者でありたい。そして神さまの栄光と神さまがなさってくださるその事実を拝させていただきたいと思います。

神は避け所、力、助け

神はわれらの避け所、また力。苦しむときそこにある助け。 旧約聖書 詩篇46:1

神は私たちの避け所となってくださいます。緊急事態となった時にも私たちを保護し、また守ってくださる方です。

世界中の紛争状態にある所では、いざとなったときにはそこに逃げ込むようにシェルターが構築されています。

しかし、神こそまことの隠れ家であり、避け所です。

神は生きておられ私たちが困難に直面したとき、また私たちが苦しむとき、

私たちを匿い、それ以上にダメージを受けることから守り、癒し脱出させてくださいます。

神は全知であり全能なる方です。

私たちの考えをはるかに越えて私たちを導いてくださいます。

私たちは絶望し、気力も力も失ってしまいます。

神はその私たちに希望を与えて生きる勇気、力を与えることのできる方です。

神は愛です

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。 旧約聖書 イザヤ 43:4

このようにおっしゃってくださるのは、天地の創造者、全能の神、天のお父さまです。

そのお方があなたに語りかけていらっしゃいます。

わたしにとって『あなたは高価で尊い』、また『愛している』と、この神さまのおこころをしっかりと受け取ってください。

これは無条件のおことばです。あなたが立派だからだとか、できるからだとかではありません。

もしもあなたが今の立場から凋落したとしても、またあなたが自分のことを無能だと思うことがあったとしても、

愛なる天の父なる神はあなたを愛してくださいます。

 主イエス・キリストを紹介します

イエス・キリストを信じるなら、永遠のいのちが得られます。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。  新約聖書 ヨハネ 3:16

ここにイエス・キリストを信じるなら、滅びることなく、永遠のいのちを持つと約束されています。

神は愛、このことが本当に現れた出来事であると思います。

大切なひとり子を十字架につけて葬ってくださいました。

『神なんて知らない、神なんていない、神がいるなら見せてみろ、もし神がいるとしても神なんか無視だ。』

このように言って自分勝手な道に、

また自分が良ければ人がどうなろうと知ったことかと自分の利益だけを求めている人間のために、

その罪の身代りとして御自分の愛するひとり子を十字架につけてその罪を許してくださったのです。

そして、御子を信じるなら永遠のいのちを与えてくださるのです。

イエス・キリストはただひとりの救い主です。

この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名の他には、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。  新約聖書 使徒 4:12

あなたの罪を許し、罪から贖ってくださる方はただひとり、

あなたの罪の身代わりに十字架の上で死んでくださったあなたの主、イエス・キリストです。

主イエス・キリストはあなたを父のみもとに連れて行ってくださいます。

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければだれひとり父のみもとに来ることはありません。 新約聖書 ヨハネ 14:6

あなたを愛しておられる父なる神と、あなたの主であるイエス・キリストを信じて天の御国に行こうではありませんか。

主イエス・キリストはいつもあなたと共にいてくださいます。