聖書について

聖書に対する私の基本的な姿勢

聖書(旧約聖書、新約聖書)は神のことばを記述した書である。

神のことばは生きている。

神のことばは事実となる。

みことばにできるだけ触れていたい。

聖書は何といっているか

主の書物を調べて読め。これらのもののうちどれも失わていない。それぞれ自分の連れ合いを欠くものはいない。それは、主の口がこれを命じ、主の御霊が、これらを集めたからである。 旧約聖書 イザヤ34:16

まず、聖書を調べて読みなさいと勧めています。

そして、聖書は神が語られ、神の霊が集めたものであり、失われたものはなく必要なものは全て網羅されてあると、このように記載されています。

また、人の都合の良い勝手な解釈をしてはならないと言われています。

聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない、ということです。

なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったからです。 新約聖書 Ⅱペテロ1:20,21

神のことばは事実となる。

雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種撒く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。

そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。

必ず、わたしの望むことを成し遂げ、わたしの言い送ったことを成功させる。 旧約聖書 イザヤ55:10ー11

主イエス・キリストを救い主とする信仰を与える。

聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることが出きるのです。

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。

それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。 新約聖書 2テモテ3:15ー17

聖書を読み、神の知恵をいただき、イエス・キリストを信じ、救いをいただき、神の御こころにかなう歩みをし、神のしもべとなり、悔いのない人生を全うしようではありませんか。

聖書を読んでください!

神のみことばを受け取ってください!

みことばが、力です、いのちです、また事実となります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です