祈りの課題

北九州豪雨災害からの復興

北九州豪雨災害に被災された方々にお見舞い申し上げます。

今回のこのような降雨による水害は未曽有のものであったと理解しています。

このような災害は今後日本のどこでも起こりうる災害であるとも思います。

梅雨の季節に寒冷、温暖前線において、日本近海における温度上昇、それによる水蒸気の発生による湿舌と呼ばれる湿った高温の風と北からの冷たい風とのぶつかり合いによって積乱雲が極度に発達して豪雨となって同じ場所に次から次ぎへと降り注いだ結果他の悪条件(地形、地質など)もろもろの要素が絡み合って今回のような災害となり多くの方が被災されたのであろうと思います。

亡くなられた方も多数おられ、被災された多くの方々も恐怖におののかれたかと思います。これからどうしたらよいかと途方に暮れておられる方々もたくさんおられると思います。

多くの方々が今助けの手を差し出しておられるとも聞いております。

被災された方々が、再び日常の生活を取り戻すことができますようにお祈りします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です