鍋掛祈りの家

メリー・クリスマス

| 0件のコメント


受胎告知

私たちがその誕生をお祝いするイエス様はどのようにして誕生されたのでしょうか。

御使いガブリエルが、神から遣わされて、ガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。

この処女は,ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。

御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」

しかし、マリヤはこのことばに,ひどくとまどって,これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。

すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。

ご覧なさい。あなたはみごもって,男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。

その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。

彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国な終わることがありません。」

そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」

御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。

ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六ヶ月です。

神にとって不可能なことは一つもありません。」

マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。新約聖書 ルカの福音書 1:26-38

このみことばによってどのようなことが考えられるのでしょうか。

イエス様の誕生は御使いによって告知された。

受胎を告知されたのは婚約中の処女であった。

誕生する子どもは男の子でありその名前はイエスとしなさいと伝えられた。

この出来事は神様からの恵みですよと言われた。

このイエス様はいと高き方の子と呼ばれダビデの王位が与えられとこしえの支配者、その国は終わることがない。

処女であったマリヤは私は男の人を知りませんと言った。

生まれる者は聖霊によって生まれ、聖なる者、神の子と呼ばれるます。

マリヤの親類のエリサベツを例にとって「神にとって不可能なことは一つもありません。」と御使いは言った。


マリヤは言った、ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。

皆様はどのように考えられるでしょうか。


コメントを残す

必須欄は * がついています