鍋掛祈りの家

知恵について

聖書は知恵についてどのように言っているのでしょうか。

神に求めなさい。

あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。

ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。 新約聖書 ヤコブ1:5ー6b

自分は知恵の欠けた者と思える人が知恵をいただくことができます。

神は心の貧しい人、へりくだった人を顧みてくださいます。そして神に求めてください。

 キリストに知恵があります。

このキリストのうちに、知恵と知識との宝がすべて隠されているのです。 新約聖書 コロサイ2:3

何とすごいじゃありませんか。

私たちは、知恵を求めています。また知識をも求めています。それがすべてキリストにあるのですとこのみことばは告げているのです。

旧約聖書では何と言っているか。

主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである。 旧約聖書 箴言9:10

主を恐れることが、知恵の初めである。と言われています。恐れると言うことはただ単に神が怖い、ということではありません。

畏れ敬う、ということです。言い換えれば、神様を神様としてはっきりと知り、礼拝するということです。
&br;
このことが知恵の初めとなると言われています。

私たちは神さま抜きで、知恵を得、知識を得てきたのではありませんか。そしてその知恵が、知識が、人を滅ぼしてきたのです。

旧約聖書にある箴言のみことばを引用しました。この箴言には、知恵について、知識について多くの事が記されています。